相続破棄についてアイクス司法書士が思う事

アクセスカウンタ

zoom RSS アイクス司法書士が任意整理と特定調停について紹介します アイクス司法書士

<<   作成日時 : 2013/01/08 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


代理 相続破棄についてアイクス司法書士が思う事
アイクス司法書士が任意整理と特定調停について紹介します


こんにちは、アイクス司法書士です。

任意整理と特定調停について紹介します。

任意整理
  
裁判所を介さずに債権者との交渉により債務の額を確定し弁済方法について和解すること。

任意整理は債務者本人がすることもできますが、裁判所を通さない「私的な」債務整理なので、債務者本人の交渉には応じてもらえないケースが多く、応じてもらえたとしても債権者有利の合意内容になってしまいがちです。

任意整理をしようとする債務者の方は、弁護士や法務大臣から代理権を付与された司法書士などの専門家に依頼したほうがよいと思います。

任意整理をする場合は、すべての債権者との合意が必要になり、返済期間もあまり長期になると業者は応じてくれませんので、3年程度が目安となります。

ただし、任意整理は、専門家による個人差があります。
  
特定調停
  
特定調停は、サラ金などの借金で「支払い不能に陥るおそれのある債務者等の経済的再生」のために、簡易裁判所の調停委員が間に入って、債権者と借金額や支払方法の変更について話し合う債務整理方法です。

裁判所における任意整理と考えればよいと思います。

利息制限法に基づいて債務を引き直し、これを3年程度で将来利息なしの分割返済に変更してもらうことを目的とします。

以上、アイクス司法書士でした。

次回は、民事再生です。

[関連記事]
1月7日(月)のつぶやき

[関連タグ]
アイクス司法書士 司法書士 アイクス司法書士 権利 アイクス司法書士 保護 アイクス司法書士 裁判所 アイクス司法書士 書類 アイクス司法書士 代理 アイクス司法書士 試験 アイクス司法書士 登記代理 アイクス司法書士 裁判文書代書 アイクス司法書士 資格取得

[旬のワード]
王羲之 アベノミクス 鏡開き 山口もえ ポリグラフ 県民手帳 ボーイング787 リチャードジノリ 所得税 カンパニー制

[人気ワード]
甲状腺乳頭がん ファンタジスタさくらだ チェ・ジニョン 武田真治 バリ アルティメット フジテレビ逃走中 チェ・ジンシル 佐久間象山 斉藤慶子 夫 アッコにおまかせ イニシャル

[PR]
IT弁護士によるネット誹謗中傷対策・法律相談ジャスティスジャッジメント

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アイクス司法書士が任意整理と特定調停について紹介します アイクス司法書士 相続破棄についてアイクス司法書士が思う事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる